Social Share Icons

ジェラテリア ディ メディチのマニアック・4種類チョコレートジェラートを食べ比べ!Gelateria de Medici

どうも、写真担当のhiralingです。

NHK BS プレミアム 二度目のフィレンツェ。
まだフィレンツェにはDVDが届いていないのですが
家族や友人からのちょっとした動画で
なんとなーく観る事ができました。
再放送も終わってしまってちょっぴり寂しいですが
引き続きフィレンツェのジェラート情報は
更新して参りますので宜しくお願い致します。

さておきすっかり春めいたフィレンツェ。
ジェラート屋さんの忙しい季節のスタートです。



テレビで放送された事をジェラテリアディメディチに伝えに行きました。


ジェラートハンターエドとジェラート職人のマッテオくんが
ジェラートについて熱く語っていてヒマだったので・・・


その隙に、ふと思い立って
ここで扱っているチョコレート味のジェラートを全て味見させてもらうことに。

番組で取り上げられたのはジャスミン味のチョコレートジェラート。
特別に抽出されたジャスミンの花のエキスを使った
ジャスミンの香りがふんわりと口に広がるチョコレートですが、
実はジェラテリアディメディチには
この他にも数種類のチョコレートジェラートやソルベットが!
今回は店頭に出ている4種類のチョコレートを食べ比べさせて頂きました。


まずはこちらのチョコレート、ノーマル。
チョコレート、お砂糖、ミルクで作られています。
日本では生クリームや脱脂粉乳などを使うアイスも多いので
それと比べるとややさっぱりとした口当たりですが
食べると予想を裏切らないチョコレート感です。


そしてこのチョコレートチップで飾られているのは
ダークチョコレートのジェラート、モロ。
クリームなどの余計な物は加えず、
チョコレートと水、そして少しのお砂糖で作られている
正統派チョコレートのソルベットです。

お味はと言いますと、クリームや牛乳を入れていないので
チョコレートの濃厚さはあるのですが
口の中に入れるとチョコレートなのにさっぱり、後味すっきり、
でも濃いなぁ。という不思議な口当たりです。



そしてこのクネーゼ Cuneeseは、ダークチョコレートにラムを入れたもの。
おまけ程度に入っているのではなく、ラムの主張がガツンときます。



ラストはバリッケ Barrique。
チョコレートのジェラートにジンジャー、シナモン、ピンクペッパー、
ナツメグの4種類のスパイスが入ったジェラート。
味わえば味わうほどそれぞれのスパイスが感じられつつ
統一感もあり、なかなか食べたことのないお味でした。

チョコレート好きの方は是非、チャレンジを!

他にもまた機会があれば日本人目線でいろいろ食べ比べてみたいと思います。

hiraling